御徒町凧 OFFICIAL SITE

詩

野良犬の気持ち

まず先にスープが運ばれてきて

ブレンドとトーストは後回し

マスターの曲がった蝶タイが気にかけてる

もしかしたら今日は雪になるらしい



欲望は形を変えて物の手触りを無効化する

鉄の塊が空を覆うその下で酢橘を啄むメジロ

いつかの雨が濡らしたディレクターズチェア

思考から逃れるように四方を伺っている



珈琲豆の生存戦略

港に似合う音楽はなく

膝で取るリズムがズレているよ

ソウルにこびり付く吐き捨てられたチューインガム



木々のさざめきが喝采に聞こえる

駅のホームで看板を見ている

野良犬の気持ちが分かる

踏み出す足の順序さえ決まらないのに

二〇二〇年〇一月二七日(月)

野良犬の気持ち

まず先にスープが運ばれてきて

ブレンドとトーストは後回し

マスターの曲がった蝶タイが気にかけてる

もしかしたら今日は雪になるらしい



欲望は形を変えて物の手触りを無効化する

鉄の塊が空を覆うその下で酢橘を啄むメジロ

いつかの雨が濡らしたディレクターズチェア

思考から逃れるように四方を伺っている



珈琲豆の生存戦略

港に似合う音楽はなく

膝で取るリズムがズレているよ

ソウルにこびり付く吐き捨てられたチューインガム



木々のさざめきが喝采に聞こえる

駅のホームで看板を見ている

野良犬の気持ちが分かる

踏み出す足の順序さえ決まらないのに

二〇二〇年〇一月二七日(月)

一覧を見る

寫眞

一覧を見る

雑記

Speaking test

朝、何を送った後のルーティンでお茶してたらリチャコと会う。その後のスピーキングのテストは、敢えてクラスメイトたちのモニターを大きくだしてみんなの前で喋ってる感じでやったらそのことに意識が奪われて、途中全然喋れなくなった。けっこう落ち込むな。それから少し寝ようと思ったら二時間くらい寝てしまい、それから公園を走る。そこでばったり西原家に会ったから夜はそのまま家で餃子を焼く。子供らがお泊まり会したいというから、母親たちの反対を押し切りさせてあげるも、夜、ナナチカが怖くて寝れないと起きてきて、連れて帰る。何、寂しくて大泣き。車で「お前、ダサいな」って言ったら「だって、寝るまで怖いって思わなかっただもん」って。「それは仕方ないね」と頭を撫でた。

Speaking test

朝、何を送った後のルーティンでお茶してたらリチャコと会う。その後のスピーキングのテストは、敢えてクラスメイトたちのモニターを大きくだしてみんなの前で喋ってる感じでやったらそのことに意識が奪われて、途中全然喋れなくなった。けっこう落ち込むな。それから少し寝ようと思ったら二時間くらい寝てしまい、それから公園を走る。そこでばったり西原家に会ったから夜はそのまま家で餃子を焼く。子供らがお泊まり会したいというから、母親たちの反対を押し切りさせてあげるも、夜、ナナチカが怖くて寝れないと起きてきて、連れて帰る。何、寂しくて大泣き。車で「お前、ダサいな」って言ったら「だって、寝るまで怖いって思わなかっただもん」って。「それは仕方ないね」と頭を撫でた。

一覧を見る

プロフィール

撮影/佐内正史

御徒町凧 
おかちまちかいと

1977年東京生まれ 詩人。

御徒町凧 商店

御徒町凧商店は詩人・御徒町凧の著書・制作作品などが購入できるWEBストアです。

WEBストア 御徒町凧 商店