御徒町凧 OFFICIAL SITE

御徒町凧 OFFICIAL SITE

お知らせ

「おいしいポエムのつくり方」

2019年11月10日(日)
開場 14:30 開演 15:00 (終演 17:30) 

言葉はどこまで 
生まれつづけるのか? 

9人の詩人が 
選りすぐりの詩を持ち寄って 
この日だけの新たな声を 
ひびかせる… 

◇出演 
御徒町凧 
文月悠光 
蛇口 
道山れいん 
伊藤晋毅 
結城色 
吉田一縷 
桑原滝弥 

◇友情出演 
覚和歌子 

◇料金 
予約2500円 当日3000円 (税込み。コーヒー飲み放題) 
※予約の段階で定員となった場合は当日券の発行はございません。 

~問い合わせ・申し込み~ 
詩人類 (桑原) 
TEL:090-8545-2708 
takiyakuwahara@yahoo.co.jp 

※観覧希望の方は… 
○氏名(フリガナ付き) 
○観覧人数(大人・子供の内訳を明記のこと) 
…を添えて上記問い合わせ先へお申し込みください。 
…お電話でももちろん受け付けております。 

◇会場 
「珈琲と本・あひる社 」
東京都新宿四谷4-28-16 吉岡ビル7階 
(四谷三丁目駅徒歩6分) 
https://twitter.com/ahilsha_japan 

~おいしいポエムのつくり方・調理方法~ 
◇それぞれ異なる特性・バックボーンを持つ詩人九名が登場します。 
◇普通に交互に詩を朗読をするのではなく、まずお客さんが九名のなかから一名の詩人を選びます。 
◇その詩人が自分の持っている作品からひとつ朗読して、次に朗読する詩人を指名します。 
◇指名された詩人は、前の詩人が詠んだ詩に何かしら呼応する(直接的でなくてよい)と感じる自分の詩を詠み、また別の詩人を指名します。 
◇これを九人目まで繰り返し、独立したそれぞれの詩人の詩を、この日だけのひとつの声の作品にしてみようという試みになります。 
◇ルールは即興詩ではなく、すでに書き上げている自身の既存の作品を朗読すること。 
◇また前置きなどのフリートーク、音源、楽器使用は禁止。その時間は詩の言葉だけでつないでいく。 
◇全員詠んだあとに、「なんであの詩のあとに、この詩を詠んだのか」といった振り返りトークあり。 
◇これを前半、後半、エンディング(短編詩)で三周します。 
◇言葉というものの、常に他の言葉に影響を受けていく性質を利用して、ぞれぞれすでに成立していた詩から、新たなひびきを探りだします。