御徒町凧 OFFICIAL SITE

詩



ぼくの港は開かれている

潮風はきみの頬に触れ


くたびれた革靴が音を立てる


さびれたバーに屯すジャッカルの群れ


小銭をジャラジャラ鳴らして


お下げの少女がペロリと舌を出した


一行と一行の間で真実は膝を抱いて


星々のおしゃべりを羨ましそうに聞いている


埠頭に佇むペンギンに声は届かない


ぼくの港は開かれている


あらゆる不条理を飲み込んで


ぼくの港は開かれている



二〇一一年一〇月一二日(水)



ぼくの港は開かれている

潮風はきみの頬に触れ


くたびれた革靴が音を立てる


さびれたバーに屯すジャッカルの群れ


小銭をジャラジャラ鳴らして


お下げの少女がペロリと舌を出した


一行と一行の間で真実は膝を抱いて


星々のおしゃべりを羨ましそうに聞いている


埠頭に佇むペンギンに声は届かない


ぼくの港は開かれている


あらゆる不条理を飲み込んで


ぼくの港は開かれている



二〇一一年一〇月一二日(水)

最新の詩

アーカイブ