御徒町凧 OFFICIAL SITE

詩

言葉はいつしか

言葉はいつしかノートの上で、もじゃもじゃっとした記号のようなものになっていった。セルマネロはノートから目を離し、メンペイムの耳の辺りを斜め後ろの席から見ていた。

二〇〇九年〇四月一二日(日)

言葉はいつしか

言葉はいつしかノートの上で、もじゃもじゃっとした記号のようなものになっていった。セルマネロはノートから目を離し、メンペイムの耳の辺りを斜め後ろの席から見ていた。

二〇〇九年〇四月一二日(日)

アーカイブ