御徒町凧 OFFICIAL SITE

詩

朝焼けが僕を嘘にする

濡れた布団を抱きかかえ

狭い路地を行く

雨が夢のあわいを繋いだ

どんなになくそうとしても

なくならない物ならば

もう認めるしかないだろ少年の心

好きとか嫌いとか

そんなことで地球は回っちゃいないのさ

朝焼けが僕を嘘にする

今朝は遠くが近い

ノートパソコンが

工具のように冷えている

二〇一五年〇二月〇五日(木)

朝焼けが僕を嘘にする

濡れた布団を抱きかかえ

狭い路地を行く

雨が夢のあわいを繋いだ

どんなになくそうとしても

なくならない物ならば

もう認めるしかないだろ少年の心

好きとか嫌いとか

そんなことで地球は回っちゃいないのさ

朝焼けが僕を嘘にする

今朝は遠くが近い

ノートパソコンが

工具のように冷えている

二〇一五年〇二月〇五日(木)

最新の詩

アーカイブ