御徒町凧 OFFICIAL SITE

詩

部屋は汚れているけれど

部屋は汚れているけれど

ぼくが汚れたわけじゃない

こないだきみが連れてった

コーヒーミルで手を切った

夕暮れがそこに迫ってて

胃袋の中に雨が降る


部屋は汚れているけれど

ぼくが汚れたわけじゃない

読むことのないマガジンと

甘みの強いチョコレイト

春になるなりそれなりの

花は咲きまたすぐ枯れる


部屋は汚れているけれど

部屋が汚れたわけじゃない

薄く明るい暗闇に

聞き覚えのない笑い声

天使のフリしたフクロウが

遠く見つめる迷い星


部屋は汚れているけど

ぼくはこうして生きている

白く転がる鼻紙の

角を曲がれば交差点

いつか見たよな交差点

部屋は汚れているけど

二〇一一年一二月二四日(土)

部屋は汚れているけれど

部屋は汚れているけれど

ぼくが汚れたわけじゃない

こないだきみが連れてった

コーヒーミルで手を切った

夕暮れがそこに迫ってて

胃袋の中に雨が降る


部屋は汚れているけれど

ぼくが汚れたわけじゃない

読むことのないマガジンと

甘みの強いチョコレイト

春になるなりそれなりの

花は咲きまたすぐ枯れる


部屋は汚れているけれど

部屋が汚れたわけじゃない

薄く明るい暗闇に

聞き覚えのない笑い声

天使のフリしたフクロウが

遠く見つめる迷い星


部屋は汚れているけど

ぼくはこうして生きている

白く転がる鼻紙の

角を曲がれば交差点

いつか見たよな交差点

部屋は汚れているけど

二〇一一年一二月二四日(土)

最新の詩

アーカイブ