御徒町凧 OFFICIAL SITE

詩

詩の野郎

詩の野郎が

俺を見下すので

飲もうと思って開けた

コロナを飲まずに流しへ捨てた

生きることと

何かを

天秤にかけ

山の家の雪が溶けだしている

二〇一六年〇二月一三日(土)

詩の野郎

詩の野郎が

俺を見下すので

飲もうと思って開けた

コロナを飲まずに流しへ捨てた

生きることと

何かを

天秤にかけ

山の家の雪が溶けだしている

二〇一六年〇二月一三日(土)

アーカイブ