御徒町凧 OFFICIAL SITE

詩

ケバブ

娘を抱っこしながら露天のケバブを食べた

娘が手元をジッと見ているので

そういえば離乳食でお米とか食べてるなと思い

生地をちぎって一口あげたら

ハムハムと真顔で食べるので

三切れくらい分けた

初めて娘と同じものを食べた

原宿のケバブ

二〇一六年〇八月一五日(月)

ケバブ

娘を抱っこしながら露天のケバブを食べた

娘が手元をジッと見ているので

そういえば離乳食でお米とか食べてるなと思い

生地をちぎって一口あげたら

ハムハムと真顔で食べるので

三切れくらい分けた

初めて娘と同じものを食べた

原宿のケバブ

二〇一六年〇八月一五日(月)

最新の詩

アーカイブ