御徒町凧 OFFICIAL SITE

詩

学校は山の中腹にある

学校は山の中腹にある。川を越えてゆるい坂道を歩きながら小石を蹴っ飛ばしていた。一つの小石を狙うというよりも、津波が押し寄せるみたいにザックリと小石の集まりを蹴り崩す。

ぼくは足先の感触を楽しみながら、音を聞いていた。

地面を蹴る音にはいちおうの音階があって、それは音楽みたいだった。

二〇〇九年〇三月一八日(水)

学校は山の中腹にある

学校は山の中腹にある。川を越えてゆるい坂道を歩きながら小石を蹴っ飛ばしていた。一つの小石を狙うというよりも、津波が押し寄せるみたいにザックリと小石の集まりを蹴り崩す。

ぼくは足先の感触を楽しみながら、音を聞いていた。

地面を蹴る音にはいちおうの音階があって、それは音楽みたいだった。

二〇〇九年〇三月一八日(水)

アーカイブ