御徒町凧 OFFICIAL SITE

詩

ラリルレロ

水泳をしながら

ラリルレロのことを思った

ぼくはこれまで

ラリルレロにあまり関心がなかった

コンビニでチューハイを買い込み

家で録画したサッカー中継を観た

洗濯物が雨で濡れているがそのまま

恋人に電話をして眠る

昨日のことを考えている今日のぼく

おとといとさきおとといの差が

色んな意味で分かんない

ラリルレロを股に挟み寝ることにする

明日のぼくは忍者の弟子

ティラノサウルスのタン塩

もうそろそろマミムメモに変わる

カサブタから血が滲んだけ

それは脱皮ではなくて夜明け

ぼくを迎えにぼくをやる

そうやって生きてきたせいかやはり

ぼくはラリルレロから遠くにいる

二〇一二年〇九月二五日(火)

ラリルレロ

水泳をしながら

ラリルレロのことを思った

ぼくはこれまで

ラリルレロにあまり関心がなかった

コンビニでチューハイを買い込み

家で録画したサッカー中継を観た

洗濯物が雨で濡れているがそのまま

恋人に電話をして眠る

昨日のことを考えている今日のぼく

おとといとさきおとといの差が

色んな意味で分かんない

ラリルレロを股に挟み寝ることにする

明日のぼくは忍者の弟子

ティラノサウルスのタン塩

もうそろそろマミムメモに変わる

カサブタから血が滲んだけ

それは脱皮ではなくて夜明け

ぼくを迎えにぼくをやる

そうやって生きてきたせいかやはり

ぼくはラリルレロから遠くにいる

二〇一二年〇九月二五日(火)

最新の詩

アーカイブ