御徒町凧 OFFICIAL SITE

詩

海が見える丘の上に

海が見える丘の上にケドマポミオが住むようになってから、両の手で数えきれないほどの季節が過ぎていた。ケドマポミオの描いた絵は昔は高値がついていたのだが、最近では売れなくなってしまった。というのも、ケドマポミオは絵を描かなくなってしまったからだった。することと言えば、海を見ることと散歩をすること、それと畑の仕事と料理。ケドマポミオは船乗りだった。海を渡り、あらゆる港で絵を描いた。ケドマポミオは情熱的に愛を語り酒を飲んだ。だけど、それはもう、遠い昔のことのように思われるのだった。

二〇〇九年〇三月二九日(日)

海が見える丘の上に

海が見える丘の上にケドマポミオが住むようになってから、両の手で数えきれないほどの季節が過ぎていた。ケドマポミオの描いた絵は昔は高値がついていたのだが、最近では売れなくなってしまった。というのも、ケドマポミオは絵を描かなくなってしまったからだった。することと言えば、海を見ることと散歩をすること、それと畑の仕事と料理。ケドマポミオは船乗りだった。海を渡り、あらゆる港で絵を描いた。ケドマポミオは情熱的に愛を語り酒を飲んだ。だけど、それはもう、遠い昔のことのように思われるのだった。

二〇〇九年〇三月二九日(日)

最新の詩

アーカイブ