御徒町凧 OFFICIAL SITE

詩

昨日の死

昨日風呂に入っていて

死ぬなら空の下がいいと思った

昼でも夜でも

抜けるような空がいいと思った

しかし

そう思ったはずなのに

空には雲が浮かんでいた

雲くらいはまぁ良しとしようと思ったが

視界の隅を

朱色の凧がよぎる

凧は頼りない糸に繋がれていた

その糸の先は見えないが

死とはかくも

ままならないものである

二〇一二年〇五月一九日(土)

昨日の死

昨日風呂に入っていて

死ぬなら空の下がいいと思った

昼でも夜でも

抜けるような空がいいと思った

しかし

そう思ったはずなのに

空には雲が浮かんでいた

雲くらいはまぁ良しとしようと思ったが

視界の隅を

朱色の凧がよぎる

凧は頼りない糸に繋がれていた

その糸の先は見えないが

死とはかくも

ままならないものである

二〇一二年〇五月一九日(土)

アーカイブ