御徒町凧 OFFICIAL SITE

詩

更につづく眠り

眠りはまだ続いている。この眠りがいつから始まったのか、記憶はもう定かではない。

人は寝ている時、眠りの始点など意識することもなく、ただ漫然と眠るだけだ。

眠りという無防備から早く解き放たれたいのだけど、眠りに付きまとう快楽にオレの神経は侵されて(犯されて?)しまっているのかもしれない。

意思には関係なく、今、薄く目が開かれようとしている。部屋の天井がぼんやりと滲んだように広がっているのが分かる。

夜明けが近いのだろうか。

二〇〇九年〇二月二六日(木)

更につづく眠り

眠りはまだ続いている。この眠りがいつから始まったのか、記憶はもう定かではない。

人は寝ている時、眠りの始点など意識することもなく、ただ漫然と眠るだけだ。

眠りという無防備から早く解き放たれたいのだけど、眠りに付きまとう快楽にオレの神経は侵されて(犯されて?)しまっているのかもしれない。

意思には関係なく、今、薄く目が開かれようとしている。部屋の天井がぼんやりと滲んだように広がっているのが分かる。

夜明けが近いのだろうか。

二〇〇九年〇二月二六日(木)

アーカイブ