御徒町凧 OFFICIAL SITE

詩

昨夜娘が大泣きして目を覚ましたという

妻は初めて夢を見たんじゃないかと言っていたが

今まで見たこともないような泣き方だったらしい

かく言う私もいまだに息苦しくて目を覚ますことがあり

泣きこそはしないが死ぬんじゃないかと錯覚してしまうほど

しかし最近は「その死ぬんじゃないか」の直後に去来する思いがあって

それはなんというか、娘の残像というか表情なのだ

死ぬ時にきっと私が思うことは

親でも兄弟でも妻でもなく

娘なのだ

娘は何に怯え泣いて

私は娘の像に何を見ているのだろう

二〇一六年〇八月〇四日(木)

昨夜娘が大泣きして目を覚ましたという

妻は初めて夢を見たんじゃないかと言っていたが

今まで見たこともないような泣き方だったらしい

かく言う私もいまだに息苦しくて目を覚ますことがあり

泣きこそはしないが死ぬんじゃないかと錯覚してしまうほど

しかし最近は「その死ぬんじゃないか」の直後に去来する思いがあって

それはなんというか、娘の残像というか表情なのだ

死ぬ時にきっと私が思うことは

親でも兄弟でも妻でもなく

娘なのだ

娘は何に怯え泣いて

私は娘の像に何を見ているのだろう

二〇一六年〇八月〇四日(木)

アーカイブ