御徒町凧 OFFICIAL SITE

詩

飯屋

空いている飯屋に入り

数人の客しかおらず

ボソボソ食べていると

他の客がみな

家族のように思えてくる

二〇一二年〇一月二〇日(金)

飯屋

空いている飯屋に入り

数人の客しかおらず

ボソボソ食べていると

他の客がみな

家族のように思えてくる

二〇一二年〇一月二〇日(金)

最新の詩

アーカイブ