御徒町凧 OFFICIAL SITE

詩

「@」

そこへ行く途中

蟬の脱け殻が

近くに住む石造りの家の壁に

飾られていた

夏は早いので

少しだけゆっくりさせようと

透明な糸が

天高く伸びる

大きな「任意」の只中

二〇一五年〇八月〇八日(土)

「@」

そこへ行く途中

蟬の脱け殻が

近くに住む石造りの家の壁に

飾られていた

夏は早いので

少しだけゆっくりさせようと

透明な糸が

天高く伸びる

大きな「任意」の只中

二〇一五年〇八月〇八日(土)

アーカイブ