御徒町凧 OFFICIAL SITE

詩

ヴィオラインを弾きながら

ヴィオラインを弾きながら、メンペイムは音について考えていた。音はどうして感じられるのかという、素朴な疑問だった。

弦と弓が擦れる瞬間に振動が生まれ、どうやらそれが音として知覚されている。
同じ音でも心地よい音と不心地な音とがあった。

ヴィオラインの奏でるフレーズに身を委ねる。

その夜、メンペイムは宇宙旅行をしているような気分だった。

二〇〇九年一二月〇九日(水)

ヴィオラインを弾きながら

ヴィオラインを弾きながら、メンペイムは音について考えていた。音はどうして感じられるのかという、素朴な疑問だった。

弦と弓が擦れる瞬間に振動が生まれ、どうやらそれが音として知覚されている。
同じ音でも心地よい音と不心地な音とがあった。

ヴィオラインの奏でるフレーズに身を委ねる。

その夜、メンペイムは宇宙旅行をしているような気分だった。

二〇〇九年一二月〇九日(水)

アーカイブ