御徒町凧 OFFICIAL SITE

詩

浮遊

喜びという文字

紙袋に包んで

あなたにあげる

オレンジジュースが

汗をかいている

アスファルトを自転車で

行くぼくの背中に

新しいリュックサック

五月をかいくぐり

そよ風に飼いならされ

20年前の

高層ビル見上げた

届かない空を

手に入れた午後

また一つ

時の砂粒が

落ちる

浮遊

二〇一四年〇五月〇八日(木)

浮遊

喜びという文字

紙袋に包んで

あなたにあげる

オレンジジュースが

汗をかいている

アスファルトを自転車で

行くぼくの背中に

新しいリュックサック

五月をかいくぐり

そよ風に飼いならされ

20年前の

高層ビル見上げた

届かない空を

手に入れた午後

また一つ

時の砂粒が

落ちる

浮遊

二〇一四年〇五月〇八日(木)

アーカイブ