御徒町凧 OFFICIAL SITE

詩

さっき

さっき

思ったことがあった

けどもう

忘れてしまった

君に伝えたい

あらゆることをぼくは

いとも容易く忘れてしまう

さっき

それはもう遠い昔

ぼくたちがまだ

土の中で化石だった頃

裸のままで抱き合っていた時

地上には風しか吹いていなかった

急ぐことなんてなにもないのに

気持ちばかりが急いて

カラカラと空回りしている

風に乗って

魂を乾かしていた

さっき

それはもう遠い記憶

すべてを忘れてしまったとしても

忘れたことを覚えてるマンモスの牙

さっき

地球の裏側で眠る君の

寝息の中に

そっと咲いた花

二〇一二年〇八月〇六日(月)

さっき

さっき

思ったことがあった

けどもう

忘れてしまった

君に伝えたい

あらゆることをぼくは

いとも容易く忘れてしまう

さっき

それはもう遠い昔

ぼくたちがまだ

土の中で化石だった頃

裸のままで抱き合っていた時

地上には風しか吹いていなかった

急ぐことなんてなにもないのに

気持ちばかりが急いて

カラカラと空回りしている

風に乗って

魂を乾かしていた

さっき

それはもう遠い記憶

すべてを忘れてしまったとしても

忘れたことを覚えてるマンモスの牙

さっき

地球の裏側で眠る君の

寝息の中に

そっと咲いた花

二〇一二年〇八月〇六日(月)

最新の詩

アーカイブ