御徒町凧 OFFICIAL SITE

詩

静かなところで眠っている

私の魂は静かなところで眠っている

明け方の暖かくなった布団の上で

深く目を閉じていた

遠くに猫の鳴き声が聞こえる

うっすら光り差すカーテンの隙間に

まだ色持たぬ意識が吸い込まれてゆく

これでいいのだ

イツゴナビーオーライ

それは誰の言葉だったか

二〇一四年一〇月三一日(金)

静かなところで眠っている

私の魂は静かなところで眠っている

明け方の暖かくなった布団の上で

深く目を閉じていた

遠くに猫の鳴き声が聞こえる

うっすら光り差すカーテンの隙間に

まだ色持たぬ意識が吸い込まれてゆく

これでいいのだ

イツゴナビーオーライ

それは誰の言葉だったか

二〇一四年一〇月三一日(金)

アーカイブ