御徒町凧 OFFICIAL SITE

詩

エレベーターのボタンを

一歳になったばかりの娘が押す

誰に教わったわけでもないのに

見よう見まねで小さな指を差し出す

通り過ぎた一階のボタンが光り

ほどなくして消える

私たちは二階で降り

部屋の明かりの中へ帰ってゆく

二〇一六年一一月〇七日(月)

エレベーターのボタンを

一歳になったばかりの娘が押す

誰に教わったわけでもないのに

見よう見まねで小さな指を差し出す

通り過ぎた一階のボタンが光り

ほどなくして消える

私たちは二階で降り

部屋の明かりの中へ帰ってゆく

二〇一六年一一月〇七日(月)

アーカイブ