御徒町凧 OFFICIAL SITE

詩

人のいなくなった教室に

人のいなくなった教室に入り込んできた風がセルマネロのノートをパラパラと気まぐれにめくり、そこに書かれていたいくつかの詩が教室に投げ出されていた。セルマネロは詩というものは誰かに見せるものではないと考えていて、しいては誰かが見た瞬間に詩が本来の詩の形から遠ざかるとさえ考えていた。

二〇〇九年〇六月一六日(火)

人のいなくなった教室に

人のいなくなった教室に入り込んできた風がセルマネロのノートをパラパラと気まぐれにめくり、そこに書かれていたいくつかの詩が教室に投げ出されていた。セルマネロは詩というものは誰かに見せるものではないと考えていて、しいては誰かが見た瞬間に詩が本来の詩の形から遠ざかるとさえ考えていた。

二〇〇九年〇六月一六日(火)

アーカイブ