御徒町凧 OFFICIAL SITE

詩

生きるという枠

生きるという枠に

肩をあずけて

コーヒーカップを片手に

目に映るものを眺めている

この枠がなくなれば

魂はもっと自由になれるのかもと

思ったかどうかも

コーヒーを啜ると同時に

忘れてしまった

とある平日の昼下がり

生きるという枠が

こんなにもくっきり見える

二〇一二年〇五月二八日(月)

生きるという枠

生きるという枠に

肩をあずけて

コーヒーカップを片手に

目に映るものを眺めている

この枠がなくなれば

魂はもっと自由になれるのかもと

思ったかどうかも

コーヒーを啜ると同時に

忘れてしまった

とある平日の昼下がり

生きるという枠が

こんなにもくっきり見える

二〇一二年〇五月二八日(月)

最新の詩

アーカイブ