御徒町凧 OFFICIAL SITE

詩

知人の死

飛んできた雀が二羽

パン屋のオリーブに止まった

それはすぐ過去のことになったが

上空には空が広がった

見ようとしなければ

見えないものばかりが

周囲にあり

知人の死が

唐突に知らされる

枠を作るのではなく

枠を壊して生きようと

二足のスニーカーが

私を遠方へと誘う

二〇一七年〇二月〇三日(金)

知人の死

飛んできた雀が二羽

パン屋のオリーブに止まった

それはすぐ過去のことになったが

上空には空が広がった

見ようとしなければ

見えないものばかりが

周囲にあり

知人の死が

唐突に知らされる

枠を作るのではなく

枠を壊して生きようと

二足のスニーカーが

私を遠方へと誘う

二〇一七年〇二月〇三日(金)

最新の詩

アーカイブ