御徒町凧 OFFICIAL SITE

詩

そこは人のいない真っ暗な宇宙

そこは人のいない真っ暗な宇宙だった。人のいない宇宙ということを考えている者もいない、暗闇。本当のことを言うと、それが宇宙なのかどうかも分からない。宇宙という言葉が一番しっくりくるだけのことだ。

暗闇の向こうに光が射している。光によって暗闇は本当の暗闇となった。その光の方向からうっすらと音が聞こえる。鈍く低い音が「ゴロンゴロン」と繰り返されている。しばらくすると音は無くなった。無くなったのか聞こえなくなったのか、その違いさえ定かではなかった。

宇宙に感情はない。

ひっそりとした孤独があるだけだった。

孤独に色をつける必要があるのだろうか。

必要を求める必要があるのだろうか。

あるということがあるのだろうか。

暗闇の先に視線を感じる。それは、何もかもを吸い込んでしまう仄かな気配だった。

二〇〇九年〇九月二二日(火)

そこは人のいない真っ暗な宇宙

そこは人のいない真っ暗な宇宙だった。人のいない宇宙ということを考えている者もいない、暗闇。本当のことを言うと、それが宇宙なのかどうかも分からない。宇宙という言葉が一番しっくりくるだけのことだ。

暗闇の向こうに光が射している。光によって暗闇は本当の暗闇となった。その光の方向からうっすらと音が聞こえる。鈍く低い音が「ゴロンゴロン」と繰り返されている。しばらくすると音は無くなった。無くなったのか聞こえなくなったのか、その違いさえ定かではなかった。

宇宙に感情はない。

ひっそりとした孤独があるだけだった。

孤独に色をつける必要があるのだろうか。

必要を求める必要があるのだろうか。

あるということがあるのだろうか。

暗闇の先に視線を感じる。それは、何もかもを吸い込んでしまう仄かな気配だった。

二〇〇九年〇九月二二日(火)

最新の詩

アーカイブ