御徒町凧 OFFICIAL SITE

詩

音に包まれている

音に包まれている感覚がいつもわたしの中心にあって、ハーモニーって考え方が好き。言葉数が少ない人にも安心感を覚えるし、おしゃべりでも響きをもっている人の言葉が好き。みんななにを描いているんだろう。セルマネロは詩を書いているみたいだな。ガシュットントはまだなにも考えずに空の方を見ているみたいだけど、なにも考えていないわけではないんだろうな。モーメル先生は、どんな意味があってこの課題を言ったのだろう。つまらないことを描いて、わたしは先生の期待を裏切ったりしないだろうか。

二〇〇九年〇四月一七日(金)

音に包まれている

音に包まれている感覚がいつもわたしの中心にあって、ハーモニーって考え方が好き。言葉数が少ない人にも安心感を覚えるし、おしゃべりでも響きをもっている人の言葉が好き。みんななにを描いているんだろう。セルマネロは詩を書いているみたいだな。ガシュットントはまだなにも考えずに空の方を見ているみたいだけど、なにも考えていないわけではないんだろうな。モーメル先生は、どんな意味があってこの課題を言ったのだろう。つまらないことを描いて、わたしは先生の期待を裏切ったりしないだろうか。

二〇〇九年〇四月一七日(金)

アーカイブ