御徒町凧 OFFICIAL SITE

詩

コロナ 〜それはビールの銘柄〜

リーセントリー最近

コロナ・エクストラというビール

黄色い、弁の小さな花

南半球の泡立った思い出

十年前はまだここにいなかった

二十年前は学生服を脱いだ頃

三十年前はビックリマンチョコを集めたり

四十年前は親父の玉袋が窮屈で

五十年前は岩手に帰りたいと思う事もしばしば

ゴクリと喉ごしを楽しむよりは

振りながら色と音を楽しむのさ

ギターの替わりに手にしたペンで

下書きされた革命のマニュアル

コロナ 〜それはビールの銘柄〜

アヤエという初恋の人

バタフライになって消えた

両手に下げたゴミ袋の地下駐で

人のいないブランコに届く鼻歌

目を閉じると壁にあたるから

私は健全なフリをして

背筋を少しピンと伸ばした

ぶら下げられたマリオネットのように

二〇一四年一二月〇七日(日)

コロナ 〜それはビールの銘柄〜

リーセントリー最近

コロナ・エクストラというビール

黄色い、弁の小さな花

南半球の泡立った思い出

十年前はまだここにいなかった

二十年前は学生服を脱いだ頃

三十年前はビックリマンチョコを集めたり

四十年前は親父の玉袋が窮屈で

五十年前は岩手に帰りたいと思う事もしばしば

ゴクリと喉ごしを楽しむよりは

振りながら色と音を楽しむのさ

ギターの替わりに手にしたペンで

下書きされた革命のマニュアル

コロナ 〜それはビールの銘柄〜

アヤエという初恋の人

バタフライになって消えた

両手に下げたゴミ袋の地下駐で

人のいないブランコに届く鼻歌

目を閉じると壁にあたるから

私は健全なフリをして

背筋を少しピンと伸ばした

ぶら下げられたマリオネットのように

二〇一四年一二月〇七日(日)

アーカイブ