御徒町凧 OFFICIAL SITE

詩

11月の沖縄

11月の沖縄に来ている

もう日も沈んだけれど半袖でいられる

いつか住みたいと思ってから

何年も経つけれど

まだぼくは旅行者で

この土地の上澄みを舐めるだけ

「いつか」と先のことを考えると

「いま」が軋む

ぼくの思い描く「いつか」は

無限通りの「いつか」であって

ぼくが立ち尽くす「いま」は

ここにあるたった一つの「いま」

11月の沖縄でぼくは一人

ほんとうのことを何一つ知らない

二〇一一年一一月一五日(火)

11月の沖縄

11月の沖縄に来ている

もう日も沈んだけれど半袖でいられる

いつか住みたいと思ってから

何年も経つけれど

まだぼくは旅行者で

この土地の上澄みを舐めるだけ

「いつか」と先のことを考えると

「いま」が軋む

ぼくの思い描く「いつか」は

無限通りの「いつか」であって

ぼくが立ち尽くす「いま」は

ここにあるたった一つの「いま」

11月の沖縄でぼくは一人

ほんとうのことを何一つ知らない

二〇一一年一一月一五日(火)

アーカイブ