御徒町凧 OFFICIAL SITE

詩

頬の肉を噛む

菓子を食べていたら

頬の肉を噛んだ

六月の晴れた午後

布団から見える空は

貧しい美大生が描いたように淡く

ほんのり口内に広がる血の味が

今日を克明にする

手放すとか

解き放つとか

言葉に縛られる前に

私は菓子を頬張っていた

鏡の中の脂ぎった面持ちに

何を問いかけるでもなく

二〇一四年〇六月一四日(土)

頬の肉を噛む

菓子を食べていたら

頬の肉を噛んだ

六月の晴れた午後

布団から見える空は

貧しい美大生が描いたように淡く

ほんのり口内に広がる血の味が

今日を克明にする

手放すとか

解き放つとか

言葉に縛られる前に

私は菓子を頬張っていた

鏡の中の脂ぎった面持ちに

何を問いかけるでもなく

二〇一四年〇六月一四日(土)

アーカイブ