御徒町凧 OFFICIAL SITE

詩

そしてセルマネロは長い夢の中に

そしてセルマネロは長い夢の中にいた。

夢の中でセルマネロはまた新しい夢を見ようとしていた。

チョコレートグレイに深く染まった湖のほとりでセルマネロは膝を抱いていた。

膝を抱いていたというのは、膝を抱いているという気分のことだと、セルマネロは夢の中で誰にともなく言い聞かせてた。

見たこともないような、そこに咲いている花が、ゆっくりと蕾を開いているのが分かった。甘い南の島の匂いが漂っている。セルマネロの南の島には舟は浮かんでいなかった。

二〇一〇年〇五月三一日(月)

そしてセルマネロは長い夢の中に

そしてセルマネロは長い夢の中にいた。

夢の中でセルマネロはまた新しい夢を見ようとしていた。

チョコレートグレイに深く染まった湖のほとりでセルマネロは膝を抱いていた。

膝を抱いていたというのは、膝を抱いているという気分のことだと、セルマネロは夢の中で誰にともなく言い聞かせてた。

見たこともないような、そこに咲いている花が、ゆっくりと蕾を開いているのが分かった。甘い南の島の匂いが漂っている。セルマネロの南の島には舟は浮かんでいなかった。

二〇一〇年〇五月三一日(月)

アーカイブ