御徒町凧 OFFICIAL SITE

詩

今朝

今の朝と書いて「けさ」と読む

パソコンのキーを叩き

そんなことを思い知る


今朝

時間は止まっていた

止まった時間を歩む物は

野性味を欠いた身体であった


止まった時間には言葉はなく

景色は平面的に

ダダへと広がっていった


生きるとか死ぬとか

そんなことが小さく思えて

私はちいさく咳払いをした

寝返りを打つあなたの横で

二〇一二年〇七月一八日(水)

今朝

今の朝と書いて「けさ」と読む

パソコンのキーを叩き

そんなことを思い知る


今朝

時間は止まっていた

止まった時間を歩む物は

野性味を欠いた身体であった


止まった時間には言葉はなく

景色は平面的に

ダダへと広がっていった


生きるとか死ぬとか

そんなことが小さく思えて

私はちいさく咳払いをした

寝返りを打つあなたの横で

二〇一二年〇七月一八日(水)

最新の詩

アーカイブ